ISO14001, 環境ISO

マンネリ化する環境問題対策の打破

多くの企業では環境問題の対策にも積極的に取り組んでいます。特に製造業では、使用電力の削減やエアー漏れを防ぐ等、経営効率の点からもISO規格の認証も取り、自主的な活動を展開しています。

 

しかし、ISO14001等の認可継続に向け、各職場で目的や目標を設定して廃棄物の削減等に取り組んでいると、マンネリ化してくるものです。

 

今後、各企業に要求されるのは、こうしたマンネリ化を打破し、さらに一歩踏み込んだ環境対策をできるかと言う点が重要です。

 

省資源や廃棄物削減等のアイディアは出尽くしたと思われるでしょうが、まだまだやるべき事はあるはずです。製造業なら、生産過程で発生する端材を少なくしたり、端材を有効活用して商品開発する等、取り組み次第ではまだまだ可能性があるはずです。

 

エコロジーはエコノミーでもある事を企業風土とするまでやり尽くす事が必要でしょう。その為に、提案制度の活用はもとより、毎年エコロジーアイディアコンテストを実施する等、マンネリ化打破の知恵を絞るべきでしょう。
また、自社での活動から下請け会社や地域にまでその活動を拡大する視点もあるでしょう。地球環境の為に、日本の知恵を絞り出しましょう。