節約

紙やゴミを緩衝材に、電気は細かな節約を

多くの企業で、社内用途であれば、節約やエコのためにコピー用紙は裏も使う、ということはよくあるかと思います。
ISO14001取得に向けてコンサルティングを受けている私の会社では、そのように裏まで使用した後、シュレッダーにかけて、厚手の小さめな袋に詰めてシーラーで口を閉じます。そうすることで、梱包材、緩衝材として再利用し、節約しています。
電気に関しては、間引き点灯、昼休みは消灯、冷暖房のフィルターはワンシーズンではなく数週間で洗う、またLEDへの交換で、初期費用は大家さんと折半で40万円ほどかかりましたが、夏シーズンで一年前の月間使用料と比較して、1万円近く下がりました。また、ウォーターサーバーもエコタイプに切り替え、その際の費用が1万円ほどかかりましたが、業者さんいわく半年ほど使えば電気代が浮き、元が取れるとのことです。
実際の業務では、請求書もエクセルで作成し、電子化してメールにしペーパーレスにしました。そうすることで、請求書専用の用紙代もかかかりませんし、控えとしてコピーを取っていた用紙代もかかりません。
これらの節約はシンプルですが、散りも積もれば山となる、で全員一丸となって取り組めば、バカに出来ない金額となっています。