品質管理手法に必要な7つの道具について

品質管理手法を行うにはPDCAサイクルなどの手順を意識しそれに従い効率的に動くことも大切ですが品質管理手法を補助するグラフや図などの7つの道具を使うことで全体がどのようになっているかの動きを掴むことが出来ます。

1,ヒストグラム

ヒストグラムとは縦軸と横軸に階級や度数をとり度数分布を長方形で表すグラフでこれを使い品質検査の結果から測定値のばらつきを確認します。

2,管理図

ヒストグラムは柱状グラフですが管理図は折れ線グラフで表示し測定値がどのように上下しているかを表します。

3,グループにわける

不良品について分析する場合にその製品の原材料、製造に使用された装置などのグループに細かくわけて分析します。

4,散布図

検査での二つの要因を縦軸、横軸にわけデータを表記することで要因の相関性を確認する。

5,チェックシート

製造現場での装置の点検項目やデータの数値などをシートに記入して点検漏れがないようにする。

6,特性要因図

製造過程などから取り上げられた特性要因を魚の骨のような図にまとめ、要因を大中小に分類する。

7,パレード図

検査結果から確認した不良項目を多い順にグラフにまとめ多い不良項目を重点的に対策する。

以上の7つの手法やグラフを使うことで品質管理手法でのミスなどを減らし製品の品質を向上することが出来ます。

PR|ISOセミナーの徹底比較|