紙ごみの資源利用について

私の職場では、紙ごみ、特に印刷済みの用紙について、以下のような節約、環境考慮を行っています。

 

まず印刷した片面用紙で個人情報や職場の重要事項が印字されていないもので不要になったものや誤って印字してしまったものは、片面用紙として、製版用や、テスト用、各職員の参考用印刷などに使用しています。それらを事務所内のある一つのトナーにまとめて、上記の用途で両面真っ白な新規の用紙を印刷するまでもないものを印刷する時にそのトナーからのコピー機を使って印字しています。

 

ただし一度片面印刷をかけて、使用したりした用紙になるので、ときたな詰まったりとスムースに印字されないのがたまにキズですね。

 

またそれらで印刷して、両面印字され不要になったものや、個人情報や職場の重要事項が印字されているものはシュレッダーにかけています。そうしてシュレッダーにかけたものは、パンパンになると圧縮し袋ごと行政の環境課に持って行ったりして、節約だけでなく、環境にも配慮しています。