環境ISO, 節約

ゴミは見える化して量が減った!マナーも向上!

従業員8名の小さなソフトウエア会社で事務職をしています。

50代の社長、副社長が省エネやエコに無頓着で困っていました。ゴミ出しや掃除をするのは女性社員である私か60代の経理のおばちゃん、新人の30代の男性のうちの誰かだったので、3人で話し合いゴミを減らす方法を考えました。大きな企業ではISO 14001やISO 9001で対応とか当たり前にやっていることですよね。

最初に実行したのはすべての人のデスクに置いていたゴミ箱を廃止して会社の入り口近くに大きなゴミ箱を設置するというものでした。しかしその方法だと逆に何でも捨てられてしまいゴミが増えました。分別もしてくれなくなり仕事が増えたので2週間でやめました。

次に各自のデスクのゴミ箱を小さく、外からも中身が見えるようなデザインのものに変えました。これが私たちの職場には合っていました。分別せずに捨てていると経理のおばちゃんが社長だろうと激しく突っ込んでくれ、ゴミの回収のときに○○さんこんなもの買ってますよ~などとプライバシーを暴露していくと社員のゴミがどんどん減っていきました。分別もしっかりと行ってくれるようになり、息苦しい感じは少しあるのですが成功したと思っています。