研修

AED研修

職場にAEDが設置されることとなり、使用方法についてAEDの販売業者の方が講習会を行うとのことで参加しました。労働安全衛生マネジメントシステムの研修の一環でもあります。
AEDとは突然の心停止を起こして倒れた人を、その場で使って倒れた人の命を救うことができる医療機器ということでした。
車の教習所にあるような人間の人形を使って人工呼吸も行います。
まずは意識確認、「大丈夫ですか?」反応がない場合は周りの人の応援を呼びます。
そして救急車の手配もお願いします。
その後、気道を確保し人工呼吸を行います。
こちらは参加者が人形を取り囲むように座り、一人ひとり順番に直接行います。
心臓マッサージは肋骨が折れるくらいの力で行いましょうとのことでした。
肋骨が折れても心臓が止まるよりはましなので直接心臓にマッサージが届かないことの方が大変ということです。
凄い力を入れなければならず、怖いこともあり躊躇していると講師の方に「もっと!力を入れて!死んでしまいますよ!!」と言われ必死だったことを覚えています。