オゾン層の破壊は世界規模での対策が必要

省エネという言葉は、すでにもう定番の言葉になっていますが、企業のオフィスビル内の省エネ対策も徹底してきていると思います。ひとつは冷暖房の設定温度対応です。

たとえば夏の例ですが、冷暖房の設定温度は28度となっており、それ以上下げる温度設定になっていません。もし、それよりも下げた温度にすると、何分後かには自動的に冷暖房が電源オフになるといった具合です。2つ目の例としては、同じみのノーネクタイです。

冷房を効かせれば、使う分だけ電気代は上乗せされるため、最近では省エネ活動の一環として「クールビズ」としてのノーネクタイが促進されています。ノーネクタイになれば首周りは涼しくなり、体感温度は下がります。また、以前は6月から9月の4ヶ月でしたが、最近では5月から10月までの半年間となっており、電気代への負担を減らす省エネ効果を狙っています。3つ目としては、残業時間の低減となります。

夜遅くまで残業すると照明の電気代がかかることから、最近では20時になると照明が自動的に消える対応が導入されたりしています。その代わり、朝の日の明るいうちに早く出社して、残業でしなくてはいけない作業をすることが推進されていたります。

オゾン層は、地球の周りに存在し、紫外線等を一定の割合で吸収してくれる役割を果たすものです。

そのオゾン層に穴が開く現象をオゾンホールといい、これが地球規模の環境問題になっていることは現在では多くの方の知るところとなっています。

オゾンホールが発生する原因の一つには地球内でのフロンガスの使用が挙げられています。フロンガスとは、日本でも高度経済成長期頃までは非常に多く使われていた物質であり、ものを急速に冷却するために非常に効率の良いもので、冷凍庫等で使用されていました。

その有害さが認知されてからというもの、先進国各国はフロンガスの削減に取り込んでいますが、いわゆる発展途上国の協力がなければ、地球全体でのフロンガスの排出量に規制がかけられないのが現状です。

しかし、発展途上国の立場で考えれば、先進各国がフロンガスを大量に使用したツケをなぜ自分たちが払わなければならないのか、という感情になることもの相続に難くありません。

このバランシングをとらない限り、オゾンホール問題は中々前進しないのではないかと思います。

PR|ショッピングカート|クレジットカードの即日発行じゃけん|童話|家計見直しクラブ|マッサージのリアル口コミ.com|初値予想|内職 アルバイト|サプリメント|生命保険の口コミ.COM|JALカード|お小遣いNET|オーディオ|住宅リフォーム総合情報|女性向けエステ.com|英語上達の秘訣|